給料は出るの?青年海外協力隊としての稼ぎについて

ボランティアなのだから、お金は一切出ないのではないか、と思っている人も少なくありません。

一度社会に出てから参加した方はある程度の蓄えもあると思いますが、学校を卒業してからすぐに応募した場合にはお給料が出なければ困ってしまいます。実際に、青年海外協力隊とお金の関係はどうなっているのかについて解説します。

もしも、現地での生活費もすべて賄わなければならないと考えると、一定の貯金も必要になります。また、派遣される発展途上国の物価についても熟知しておく必要があります。ちなみに、発展途上国の中には、急激なインフレを起こす場合もあるので気を付けなければなりません。

※補足情報ですが、NGOなどで海外ボランティアを行う方もいます。NGOに関しては、貯金などを取り崩して活動している人が多いです。給料などが出ないケースが多いのです。

■給料としては支給されないものの、一定額のお金はもらえる!

・面接のための費用も出してくれる

かなり優遇されているといっても過言ではありません。

面接を受けるために、地方から出てきた人に対しても渡航費や宿泊費を負担してくれるのです。

・採用後の現地への渡航費について

飛行機を利用して現地に向かうわけですが、往復の航空機代についても負担してくれます。全額負担となるので、1円も出す必要はありません。

・生活費が出る!

一番気になるのが現地での生活費用です。発展途上国とはいえ、一定のお金はどうしてもかかってしまいます。支給額については国によって違いがあります。

日本円にすると、毎月30,000円から100,000円がもらえます。現地で生活する分には十分な金額です。

■現地の都会に派遣されるときは注意すること

国によっては都会と地方によってかなり物価に違いがあります。都会は高く、地方は低いのです。物価については十分に気を付けつつ生活しましょう。

※現地に入ってからすぐは生活するためにいろいろと揃えなければいけません。渡航してすぐにまとまったお金が支給されるので、この点についても心配ないです。

HOME > 給料は出るの?青年海外協力隊としての稼ぎについて