青年海外協力隊の短期ボランティアの特徴とは?

長期的な活動が多いと思われがちな青年海外協力隊ですが、実は短期の活動もできます。では、海外青年協力隊の短期ボランティアはどのような活動を行うのでしょうか。詳しく解説します。

青年海外協力隊の活動期間ですが、長期の場合は2年間となります。短期間タイプの活動期間は、3カ月から1年になります。数カ月であれば負担も少ないので参加してみたい、と思っている方も少なくありません。

特に社会人の方は、一定期間だけ休職して活動に参加する方も多いのです。

短期ボランティアにはメリットもないわけではありません。活動内容とともに以下に述べます。青年海外協力隊としての活動を希望しているあなたはぜひチェックしてください。

■様々な職種でも短期募集あり

職種によっては短期の募集がないケースも多いのですが、基本的に様々な職種で募集されているので、希望している派遣先でボランティアできるケースは少なくないので心配はありません。

技術的な活動・教育的な活動であったとしても短期募集は実施されています。海外留学などの経験がなく、長期の滞在に不安を抱えている方に関しては、短期募集を探して応募してみましょう。

■短期ボランティアのメリットとデメリット

・メリットについて

リスクを最小限に抑えられます。青年海外協力隊として派遣されたとしても、必ず自分の臨んだ仕事を任せられるわけではありません。実は、途中でやる気を失ってしまっている隊員も少なくないのです。短期であれば耐えられるといったメリットがあります。

ブランクを最小限に抑えられるといったメリットも忘れてはなりません。短期間なので、すぐに職場にも戻れます。2年の派遣となると、仕事も辞めなければいけない可能性もありますが、数カ月であれば休職で対処できるケースも多いのです。

・デメリットについて

ネットワークづくりの時間が足りないのがデメリットです。せっかく海外に出ても、現地で人脈を作る時間がありません。現地の状況をリサーチすることも難しいです。

今後のキャリアのことも考えれば長期ボランティアとして、青年海外協力隊に参加するのがおすすめですよ。

HOME > 青年海外協力隊の短期ボランティアの特徴とは?